第3話 駅

最近は特に夢中になれることがなかった。もちろん、1週間の大半を仕事に奪われることが原因とも言えるのだが、仕事と趣味を両立している人だって沢山いるわけで、ただの言い訳でしかない。部活とかサークルとか、ゼミとかに所属していたり、アルバイトをしていた頃が懐かしい。あの時は、働きながら、時間があった。たしかな時間がそこにはあり、何も考えないでも、それは悪ではなかった。あの感覚をまた手にできるのは、いつになるのだろう。定年退職したらなのか、仕事を辞めさせられた時なのか、定かではないが、年金がもらえるかもわからない世の中に、期待していても無駄だ。

 

腕時計を再度確認して、9時40分であることを知る、40分間も何していたんだろうか。物思いにふけていたことをここで再度後悔する。普段であれば、会社でメールの確認をしているか、もしくは会議の資料をまとめている。資料作成の仕事はもちろん、若手の仕事であり、これまで資料作成に手を抜いたことはないし、定評もある。なんの取り柄もなかった私であるが、資料作成という誰でもできることに関しては、一定の評価を受けていたのは事実である。

 

駅のベンチに長らく座っていたわけだが、さすがに動いてみることにした。辺りを見渡す限り、目立った建物などはないが、動いてみることで何か出会いがあると悟ったのだ。駅の改札には、ICカードをかざすようなものはなく、駅員が1人いて、その人に話しかけざるを得なかった。難しいことを考えずとも、人と話すことに壁はない。しかし、何故か話しかけることすら厭われる。怖いというと、少し違う、なんだろうか。違和感に包まれながら、駅員らしき人物に声をかける。「すみません。改札を出たいのですが、こちらのカードは使えるでしょうか」言葉の選択は間違えていないはずだ。しかし、駅員の反応はない。

 

懲りずに何度も話しかけるが、その駅員は一言も発さない。少しの時が流れた後、私は一つのことに気がつく。その駅員の息はない。目を開けたままの状態で、固まっていたのだ。私が動揺するには十分すぎる状況であり、パニックに陥った。

 

死体らしきものを見るのはこれが初めてではない。子供の頃、親に連れられ親戚の家に向かっていた私は、駅のホームに立っていた。目の前に並んでいる男性は、あたりを窺っては電車の来るタイミングで飛び降りた。男性の肉片らしきものが飛び散り、数時間後に救急隊が死体を運んで行った。

 

あれも駅であった。駅は何かと私と関わりが深いのかもしれない。

にほんブログ村 小説ブログへ